空を飛ぶことを可能にしたのは、 空を飛ぶ夢である (Sir Karl Raimund Popper)
プロフィール

 晴 

Author: 晴 
Welcome to my page!

~About Author~
性別:男性
誕生日:昭和61年4月8日
血液型:AB型
出身地:東京都

都内某大学で特殊な学問を学ぶ大学生の忙しい中でちょっと自分の中で現実逃避するための秘密基地。

QRコード
本日ハ晴天ナリ'SQRコード
携帯では簡易版表示になります
コメント電光掲示板

甘えてた自分に気がついた夏。進んでた道は間違っていたのかもしれないけど、脇道にそれていた事に気がついて、もと来た道に戻る。そこから、また1歩1歩、前へ前へ。
近況コメント (10/31 up) Finetoday

最近の記事
アイテム



方言や他の言葉に変換できます。面白いので一回試してみて下さい。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
広告スペース


Firefox をダウンロード!!

広告希望受付中
ブログ内容関連自動選出品

サイト内の単語からの自動選出のため、僕自身も何が出てくるかわかりません。
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XML
【--.--.--.--. --:--】 スポンサー広告
チャンピョンズリーグ~因縁~
因縁:いん-ねん[名]
1 仏語。物事が生じる直接の力である因と、それを助ける間接の条件である縁。すべての物事はこの二つの働きによって起こると説く。
2 前世から定まった運命。宿命。「出会ったのも何かの―だろう」
3 以前からの関係。ゆかり。「父の代から―の深い土地」
4 物事の起こり。由来。理由。「いわれ―」「―話」
5 言いがかり。
6 小説やドラマなどで、よりスリリングな進展を加えるもの。「彼の家は先祖代々ーめいた死に方をする」
7 学生が逃れることの出来ない試験との関係。

どうしてこうまで、神は彼らの対決を観たがるのだろうか。
より頂きへ近づくために進化を続ける彼らは、3年連続の対決となった。

チェルシー対バルセロナ

決勝トーナメントで対決した彼ら、
正に運命というより、因縁というべきか、
神がいたづらに、
ライバルという構図を作り上げた。

今年も始まる強きもののみが参加することを許された
ヨーロッパ最強を目指す戦い。

長い長い彼らの戦いが幕を開ける。

~独り言~
夏季休暇直後に訪れる試験期間に近づき、しばらく更新停滞します。
正に、勉強とは生まれた時、人間という生物に断定されたときからつきまとう因縁。
人生は勉強、勉強ですね┐( ̄ヘ ̄)┌ .。o(ウーン)
しなくても 生きては行ける 勉学は
  他人が気づく 足りない知識

結局は、やらなければならないということ。終わりが見えないものだからこそ、自分の道を、自分の足で進まなければならない。
だから、面倒くさくなるんですけどね(;ーoー)=3。
スポンサーサイト
XML
【2006.08.29.Tue. 00:51】 サッカー // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
ハルヒ‥ですか?(・_・)
最近、ちょっとしたことではまった漫画を。

夏休みに入るちょっと前ぐらい、
友人から、「ハルヒ」、「ハルヒ」と呼ばれました。

「ハル」とは高校時代まで、ちょい呼ばれていたので、
名字も組み合わせた(僕の名字にヒが含まれている)あだ名かなぁ?と。

その友人に聞いても、
「検索してみ」と言われるだけでネタバラシしてくれなかったので、
そのまま検索。

どうもそれは、漫画のキャラの名前だったらしい。

検索で出たのは、
桜蘭高校ホスト部」という漫画。
こ、これか…………?

確か、深夜にアニメがやって、見たことがあるぞ。
そのままのノリで、漫画を購入(意外に行動的)。
そして、そのままハマってしまった。

軽快なテンポで進む話の流れはナカナカ。
何より、他に類似しないということが良い。

少女漫画ってダラダラ系、似た内容の繰り返し系が多い中、
ギャグ漫画に近い感じが男の僕でも読みやすい要因だと。
ちなみに、妹のお気に入りはハニー先輩だとか。

後日、買ったよ。面白いね…とその友人に言うと。
「あぁ、それもあるね。」と。「でもそっちじゃないよ」と。
( ̄△ ̄;)エッ・・?

どうも違うキャラクター名前だったらしい。

ハルヒ………新たなあだ名誕生の瞬間ってこんなもの‥なのかな。
意外と嫌いじゃないので、見かけたらそう呼んで頂けると幸いです(笑)。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「今回の話で登場した書籍」
桜蘭高校ホスト部(クラブ) (1) 桜蘭高校ホスト部(クラブ) (1)
葉鳥 ビスコ (2003/08/05)
白泉社

この商品の詳細を見る

現在、日本テレビ系列で毎週火曜深夜1時頃に放送中。
広告みたいになってしまったことに反省(´-`;) 。
XML
【2006.08.24.Thu. 15:08】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
郡山にて
20060823144833


@郡山 in福島県
オール日大という学部対抗大会に出るため一泊二日の小旅行に。
久々に新幹線に乗りました。(^^)快適、快適!けど、横とのスペースが狭すぎな気がする。いや、狭いやろ(グリーン車以外は)。

やっぱり、東京よりはやや涼しさは感じます。

風があるせいかな?

日本の夏ってイイワ!!
終わらなければいいのになぁと思う。


XML
【2006.08.23.Wed. 14:48】 部活生活 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
夏の終わり
甲子園が終わると、今年の夏も残りわずかだなぁという気持ちがより強くなる。
その気持ちに浸る間での期間が今年は1日延びた。

全国何千と存在する高校で、1度も負けることのなかったたった1校が今日決まった。

今年はまれに見るHR数で、打高投低がより強まった大会となった。
そのため、エースが存在する高校がより頂きに近づいた。

駒大苫小牧の田中選手、早実の斎藤選手の決勝で見せた投げ合いは、
1球1打への緊張感が伝わってきた。

1球の失投が敗戦に繋がる、負けられない…と投げるエース

ここで決めてやる‥とバットを振る強打者達

その熱い思いと緊迫感。

最後までわからない展開は観ていて鳥肌が立った。

打者が強くなれば、
それに投げ勝つためにより強い投手が出てくる
それを打つためにより強い打者だ出てくる
高いレベルの同世代に刺激されてより努力する選手が出てくる

これからの野球界を担う全高校球児達に、エールを送る。

早稲田実業、優勝おめでとう。
駒大苫小牧もありがとう。
これほど素晴らしい決勝戦を見せてくれた両校に
野球の素晴らしさを見せてくれた両校に感謝する。
XML
【2006.08.21.Mon. 18:05】 野球 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
誰が予想しただろうか‥
彼らの健闘は、賞賛されるべきものだ。

誰が予想しただろうか、
両エースの投げ合い
彼らは、後に日本の球界の発展、
その歴史の1ページに刻み込まれるに違いない。

お互いが相手の実力を認め
その力を見せ合い
そして、
両チームが、どちらも優勝旗を得るに値するチームであることを証明した。

この熱き地を焦がすような太陽の下で、
これから未来ある素晴らしき選手達の体を消耗し、
勝利のために、チームのために、身を削る試合を増やした
野球の、勝利の神に対し、僕は何て残酷なのであろうと思った。

斉藤、田中は明日も投げるだろう。
彼らの青春、未来に敬服する。

明日がどんな結果になろうが、
両校は賞賛され、そして、賛美をおくられるだろう。
いや、贈られるべきである。

明日の決戦、
もう1回甲子園と言う地に立てることを
その足で踏みしめることを
きっと喜びとして得ることが出来るだろう。


1人の野球ファンとして彼らの健闘を祈る
              Good luck!
XML
【2006.08.20.Sun. 16:58】 野球 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
行ってきて、帰ってきて。
思えばあっという間だった。
気がつけば,着いて,気がつけば,帰ってきていた。
親戚に会いに行った今回の旅行。
これほど,早いと思ったことは人生で幾度旅行をしてきたけど今までに無い。
おそらく一番短い旅行であろう小学校の臨海学校などの泊まりがけ行事よりも,短く感じたのかもしれない。

しかし,その生活はとてもよいものだった。
青い大空と太陽と澄み切った空気,囲む緑,鳥の鳴き声,その全てが身を優しく包み,時間を気にすることの無い生活はあっという間に過ぎた。

海やプールサイドで読書したり,泳いだり。

島を移動して,都会なホノルルに移動すると,
周りの日本人の多さに改めて驚いた。
数年前に来たときよりも,ガンゼンに増加。

ここは日本か!?と感じさせられることに,気が滅入った。
特に,街の中を走る観光客向けトローリーバス(サンフランシスコの路面電車のような風体をしたバス)には,日本人が満員で乗っているのを見たときは,世も末だなぁと…。
ショッピングセンターとして知られるアラモアナショッピングセンターは,ほぼ日本人。
店も観光客(といっても日本人)向けに高級ブランド系、衣服関係の店がほとんどで,昔の良さはほぼなくなっていました。(やはり,地元の人の話では,普通に高いので買いには行かないとのこと。やっぱり日本人向けだわ。)

とはいえ,今回の旅は夢のような出来事だった。
それだけあっという間に過ぎた感じです。

やっぱり旅行っていいなぁ,と思います。
新たな発見をさせてくれるし,違った視点をできるし,何より自分の存在を感じることができる。
特に海外に行くと,コミュニケーションをとるという喜びを改めて感じられる。

さて,成田空港から帰ってくると,地元の近くのスーパーに飲み物を買いに行くのですが,毎回感じるのが,レジを打っている人にとって,会計をしてくれている目の前の人が,24時間前に国外にいたということを誰が信じるだろうか…。

もっと,深く書こうかなと思っていたのですが,
休むという旅行目的で書く内容がやや薄いことと,時間が経ってしまったこともあって,やや総括的になってしまったのが,書いてる立場からも残念です。
これからちょくちょくネタとして入れていかたら良いと思います。

~旅の中で~
今回読んだ本:バイオハザード〈1〉アンブレラの陰謀 :S.D.ペリー著
 行きの機内から読み始め,ハマってしまいました。プールサイドでも,部活で変な風(ユニフォームやノースリーブの着用で,肩から下の腕以外の上半身だけが白肌)の日焼けを直すために横になりながら読んでいた本で,内容は本作ゲームの1を文庫本にしたもの。背景などが鮮明に書かれているのでとても面白かったです。現在,6巻まで出ているので,続きを買おうと検討しているものの,これからの学校生活で読む余裕があるのか悩み中。

飛行機内で見た映画:MI:III
 トム・クルーズ主演のご存知の映画。観る機会がなかったので今回観れてとてもよかったです。僕は1(ミッション:インポッシブル)が一番のお気に入り。内容はあえて話しません。イーサン・ハント(=トム)が拷問を受けている衝撃シーンから始まるあたりは,観ている側をのめり込ませるのには最高だと思いました。でも,なぜ,最後の舞台が上海に移動させ,そのまま話を進めたのかは疑問。

飛行機内で見た映画:R.V.
 ロビン・ウィリアムス主演のコメディー映画。正直,面白かった。暇つぶし程度で観たのですが,思わぬ所で良い映画にであった感じ。
 急なプレゼンを任され、家族のハワイ旅行に行けなくなる。最初で最後と思われる家族旅行。仕事中毒のあまり家族から浮いてしまった父親が、一計を案じた結果、レンタルしたR.V.車(日本で言えばキャンプングカー)での旅行に急遽変更。仕事ことは家族には隠し、妻と年頃の長女、長男は文句を言いながらもともに行くことになる。
 特に10代子供2人がいいキャラをしている。2人がとてもいい感じ。途中で出会う家族も面白さをよりわきたてる。お笑い部分もいくつも盛り込まれてとても飽きさせない作りはよかった。仕事中心の父親が家族にいるならもっと楽しめる作品だと思います。
 またロビン・ウィリアムスといえば、ミセス・ダウトで有名。ミセス・ダウトのような笑いと家族愛的なものが含まれたその手の映画が好きな方ならきっと楽しめます。
XML
【2006.08.19.Sat. 22:26】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
[変更の報告]
8月17日にトップデザインを変更しました。
7月ぐらいから、変更を予定していて、色々試行錯誤していた結果、
僕が使用しているMacでは通常で表示されていて気が付かなかったのですが、
他のOSでは見づらい状況になってしまっていたようです。

今回、改めて報告いただき、その事実に気が付き、
デザインの変更を含めて、その問題の訂正をいたしました。

これまで、見づらい状況にあった中で訪問して頂いた方々、
とても申し訳ありませんでした。

お詫びと訂正、
報告して頂いたゴメスさん、
今回のデザインの基本をお借りさせていただいたchocolat*さん
この場もって報告と感謝をさせて頂きます。

更新が滞ることが多いですが、
これからも当ブログをよろしくお願いします。
XML
【2006.08.18.Fri. 23:27】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
体内は夜の7時
20060816140645


体内は夜の7時

東京に戻ってきて直後の感想。
……蒸し暑い……。
毎度の事だけど、改めて感じさせられる瞬間だと思う。
でも、これが日本の特徴であり、よさであり、温もりを感じるものだと思う。

標高約3000フィートの窮屈な束縛から開放されると、心地良い疲れと満足感を感じる。

一先ず直後はこれぐらいにしておきます。
旅行のことも…もう少し余韻に浸ってから書くことにしておこうと思う。


XML
【2006.08.16.Wed. 14:06】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
南の楽園
20060807094814


南の楽園

一眠りしつつ何回か乗り物を乗り継ぎした結果、こんな所に着いてしまった。
ここは……まさか!?。

24時間前には三軒茶屋(大会の宿泊先)にいたと思うと…変なものですね。
妙にハードスケジュール。
その分、ゆっくりしようと思う。


XML
【2006.08.07.Mon. 09:48】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
ただ今移動中
今日、お昼頃帰宅。

僕の通っている学部のみで集まる体育大会があるのですが、僕の大学のサッカー部はトーナメント戦を勝ち進み準決勝で敗退も、3位決定戦に勝利し、3位という結果になりました。

引退する先輩方との最後の試合に出場することは出来なかったけど、試合に出たいというのがより強まった大会になった。

技術がまだ乏しい分、体力強化に努めたいと思う。

当面の目標は”番犬ガッテゥーゾ”で。

あぁ疲れた……と我が家で余韻に浸る間もなく、家族旅行に同行することに。
どこに……?(笑)
XML
【2006.08.06.Sun. 15:24】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
カレンダー
07 // 2006.08 // 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
World Time

天気予報




今日のヒトコト






リンク
Amazon検索

Public Relations
プロダクトクラウドウィジェット
このブログの価格
RSSフィード
*お願い*

リンクと トラックバックはフリーです。
当ブログの記事内の写真や文章の無断での転載は禁止でお願いします。
Copyright © 2005 本日ハ晴天ナリ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* and Haru // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。