空を飛ぶことを可能にしたのは、 空を飛ぶ夢である (Sir Karl Raimund Popper)
プロフィール

 晴 

Author: 晴 
Welcome to my page!

~About Author~
性別:男性
誕生日:昭和61年4月8日
血液型:AB型
出身地:東京都

都内某大学で特殊な学問を学ぶ大学生の忙しい中でちょっと自分の中で現実逃避するための秘密基地。

QRコード
本日ハ晴天ナリ'SQRコード
携帯では簡易版表示になります
コメント電光掲示板

甘えてた自分に気がついた夏。進んでた道は間違っていたのかもしれないけど、脇道にそれていた事に気がついて、もと来た道に戻る。そこから、また1歩1歩、前へ前へ。
近況コメント (10/31 up) Finetoday

最近の記事
アイテム



方言や他の言葉に変換できます。面白いので一回試してみて下さい。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
広告スペース


Firefox をダウンロード!!

広告希望受付中
ブログ内容関連自動選出品

サイト内の単語からの自動選出のため、僕自身も何が出てくるかわかりません。
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XML
【--.--.--.--. --:--】 スポンサー広告
本当のファンにとって嫌なことって‥
最近、フジテレビの月9
のだめカンタービレの人気によって
一気にクラシックブームが起きそうだ。というより、もう起きているのかもしれない。

とっても面白いし、同ドラマファンの1人である僕。
もし、お金と一気に読むだけの時間があるのであれば、
出ているコミックを大人買いしていただろう…。

しかし、最近それ対しての何とも言えないもどかしさ…というものを感じるようになった。

去年の千葉ロッテの強さは他を圧倒し、他の球団にはないスマートさと、中をのぞけばキャラの濃い(監督を含め)選手達。
千葉マリンスタジアムは昨今のプロ野球には類を見ないほどの観客が押し寄せていた。
それは、優勝が近づけば近づくほど増え、日本一を達成したときには、日本一の人気球団ではというほどに、浸透していった。

大学の友人に昔からの大の千葉ロッテファンがいる。
去年、「凄い人気だね」と言ったことがある。
「本当に、どこに隠れてたの?ってぐらいだよ。」と彼は答えた。
「でも…微妙なんだよね」と彼は続けた。

その時は,一時的にしろ、ファンが増えるということは良いことだと思っていた。
にわかに増えたにしろ、注目が集まるわけだし、そのままファンを続けてくれる人だっているに違いない。

でも、彼が困惑する理由を最近になって、改めて感じることになった。

クラシック音楽を聞く機会は、割と多い。
テレビにしろ、店にしろ、BGMとして多く流れている。
僕とて、以前から聴いているとはいえ、そこまでこれは誰々の何‥だとか、まで聞き込んでるわけでもなく、好きなものをただ単に聴く止まりだった。
だからといって、にわかファンだというようにとらわれるのは、正直微妙だ。

そう、ロッテファンの彼が思っていた微妙さはこれだったのである。
確かに、ブームであれ、何かの影響であれ、共通のものを好きになってくれるのはありがたい。
しかし、一方で他人から、にわかファン扱いされるほどいやなことはない…。
正直、千葉ロッテブームにしろ、阪神フィーバーにしろ、外野から観ているこっちからは、この中のどれだけの人が、にわかファンなんだよって感じることが多々あった。

本当のファンにとって、好きなものをけなされることは勿論嫌いなことだ。
しかし、それ以上に、便乗したファン扱いされることは嫌なことなのではないかと感じる。

のだめカンタービレは本当に面白いドラマだし、その原作は楽しいに違いない。
そう思いながらも、よく行く本屋のレジ横に平積みにされたその本を1冊ですら手にとることを無意識にしないのは、にわかファンに感じられるのを嫌う無意識の抵抗なのかもしれない。
なぜ、そんな感情が生まれるのだろう。
純粋に作品を楽しもうということであれば、買うことだって容易なはずなのに……。


結局は、何が言いたかったのかは、自分でもまとめることは出来なかった。
きっと、この生きる上で感じるこの難題にはもっと多くの経験が必要なのではないかと思う。

このもどかしさの先には、何があるのだろうか。
それには正解がないのかもしれない。
でも、それをつかむとき、成長した証なのかもしれない。

結論はまたいつか。


「独り言」
なんだかんだ、結論もでない…だらだら文章を投稿するのは、正直いかがなものか…と感じてしまう。
けれど、20歳の心の葛藤というか、自分に対する記録という面を含めて載せることにしました。
正直、読んでくださった方には感謝です。何かを感じ取って下さればこれ幸い。
スポンサーサイト
XML
【2006.10.29.Sun. 10:37】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
だって日本一だもの!
;・○o・;○;・o○・;
祝!日ハム日本一!!
○o・..・*・..・o○

新庄の男泣き(ρ.;)に感動!!
三振!
満足の最後の打席‥しかと観させて頂きました!!
これ程、記録よりも記憶に残るプレイヤーはそういないだろう。日本プロ野球界は偉大な選手を失う。けど、きっと何かが変わったはず。
それだけ影響のある選手だから。

日本ハムファイターズ!日本一おめでとうございます!
新庄選手お疲れ様でした!

いいものを観せて頂きました!何て素晴らしい5日間だっただろう。
ファンとの一体感。それはテレビの画面すら揺らした‥素晴らしい!

ありがとう!野球の素晴らしさを改めて感じた日本シリーズだった!
XML
【2006.10.26.Thu. 22:02】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
代えてしまった
携帯電話を機種変しました

SoftBank携帯の910Tに先日変更。
前回のは約1年と7ヶ月ほど使ってました。
ちょいガタがきだしたのでこの際思い切ってやっちゃいました。

それでも、吟味し、自分の中では最高の物を手にしました。
東芝製は初めて携帯を手にした1世代目以来。その後2、3世代は連続でシャープ製。
やっぱり使いやすさでは東芝が上な感じです。
一つ不満があるとすればシャープからの切り替えだけに大きく落差を感じるカメラの質ぐらい。

大満足です。
と、言うわけで今回の投稿は初めて910Tからしてみました。
XML
【2006.10.23.Mon. 18:01】 身近な出来事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
人生は旅だという
きっと間違いではない。

僕らは、気が付くと広い大地の真ん中にいた。
広い広い大地の真ん中。

どの方角に進めば良いのだろう…。
自分の身長以上に伸びた葦の葉は
この先どうなっているのかは教えてくれなかった。

ともかく、自分のいた半径1メートルぐらいの草を刈ってみた。
広い空があることを知った。
太陽が僕を照らしていることを知った。

ある日、一つの道が現れた。
どこに進めばいいのか途方に暮れた僕に一つの道を
示してくれた。

どう歩いていいかわからないこの広い大地の中で、
僕はその道を歩いてみた。

その道はとても歩きやすかった。

いろいろな生物に会った。
僕以外の生き物がいることを知った。
時に助けてくれた。
時に障害になった。

それでも僕はその一本道を歩き続けた。

何かに守ってもらっているようで、
つまずいても、転んでも、
暖かく、僕をつつんでくれる感覚があった。
太陽だ。
太陽は、僕を照らしつけ、身をこがすような思いもさせられた。
太陽は、いつでも見守ってくれた、勇気をくれた。

ある日、1本道だったその道は、2本の分かれ道にぶつかった。
どっちが正解なんだろう。
それまで、自分で決めることの無かった僕は、失敗が怖かった。
僕は迷った。
僕は決心して、1つの道を選んだ。

清々しい気分だった。
自分で行く先を決めることの良さを知った。

その分かれ道は、日を重ねるうちに出現する回数が増えた。
時に3つ、4つ、それ以上の選択肢から選ばなければならないときがあった。
そして、だんだんと道は歩きにくくなってきた。
時に自分で草を刈って進まなければならないこともあった。

しかし、
自分で決めることが増えるにつれて、
自信がついてきた。
精神的に成長した。

ある日。
行き止まりにたどり着いた。
後戻りは出来ない。

自分で道を作らなければならない日がやってきた。
それはとても困難だった。

自分で進む方向を決めなければならない。
自分で歩くことのできる道を作らなければならない。

出会い、喜び、そして悲しみ、怒り。
それらが道を進むことで出会うことを知った。

そこで止まってしまったら、
空から元気をくれる太陽が嘆き悲しむだろう。

僕は進むことにした。
それはおおきな決心だった。

適当に作った道は手軽で早く進めるけど歩きにくかった。
丁寧に作った道は労力はつかうし時間はかかったが歩きやすかった。

いつか僕を照らしてくれる太陽が無くなるかもしれない。
闇が来ようと僕は進まなければならない。

今、僕は、大草原の真ん中にいる。

進んだ道が間違っていたのかは、最後までわからない。

今、僕は、大草原の真ん中にいる。

嫌になったら、ひとまず自分の周りの地面を丁寧に整地してみればいい。

今、僕は大草原の真ん中にいる。



今困難なのは、道を努力もしないで歩こうとするからだ。
たとえ間違った道を進もうと、
努力をすれば歩きやすい道になる。
努力もしないで、今来た道を間違えたというのは、
逃げのように思える。
遠回りしたっていいではないか、
その苦労して得た道は、きっと財産になる。
XML
【2006.10.22.Sun. 02:30】 自作文学 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
オシムジャパンに見えてきたこと
オシムジャパンが産声を上げてから約2ヶ月が経過した。

「自由」という名の下に迷走したジーコジャパン
ドイツでの恥将から誰もが知る知将へ。
オシム招集に我々は納得させられた。
彼のこれまでの実績とジェフでの功績を知っていたからだ。

オシム監督になり、今回変わったことは何だろうか。
苦戦を強いられる現状に、数試合をこなした現状で改めて復習してみる。

大きく変わったのは、海外組に依存しないことだ。
ジーコ氏が就任後の初試合では、黄金のカルテット(中田英、小野、稲本、中村俊)で中盤を形成し、その後も出来る限り海外組を招集した。(後、海外組依存が解消されてきてはいたが…)。

では、松井大輔や中村俊輔といったサポーターが望む海外選手の招集が見送られているのか。
それは、監督の考え方の違いがある。
ジーコ氏は招集することで、勝利至上主義のため、彼ら中心のチームを形成しようとした。
コンビネーションの形成には時間がかかる。組織緑を作り上げるためには、長期の時間がかかるため、出来る限り海外組を招集した。

しかし、オシム監督は「考えて走るサッカー」を提唱している。
これは、「自由」の上を行く考え方であると僕は思っている。
これを作り上げるためには、時間とチームの経験がものを言う。
より組織的であり、尚かつ、自分以外の選手がどのような動きをするのか、どのようなパスを求めているのか。
それは、チームの経験というよりも、選手個人の経験がものを言う。
選手としての経験値が高ければ高いほど組織的なプレーが可能とされるのである。

そのため、日本代表としての経験よりも、海外で行なっている経験の重み、その貴重さ、それら総合し、海外組の招集をこれまで見送っている。


さて、これまで”苦戦”したしおいが多々見られる。
しかし、悲観はしていない。
ジーコジャパンから残ったのは、現在の所で川口、遠藤、坪井ぐらいでほとんどが新しいメンバーなのだから。
総入れ替えに近い形で現在ぐらいならまだ良い方だろう。
これを見る限り、ジーコ氏が若手育成、南アフリカの W杯に対して、育成という観点でまったく考えていなかったことがわかる。

僕は、数字の結果より、素晴らしいと思うことがある。
それは、選手が個人のプレースタイル、良さを代表で貫いているということである。
これは、普通のことのように思えて、とても素晴らしいことである。

トルシエ政権の時は、チームに規律と掟を置き勝ちパターンというものを作り上げた。しかし、相手に分析され弱点を探し出され敗退した。
ジーコ政権の時には、規律と取払い、自由の名の下、その時良い活躍を見せているもの、気に入った選手を送り出し、あとはピンチまで静観した。ドイツでヒディングに監督の腕の差を見せつけられ、クロアチアでは先発を代えるだけでなす術無く、ブラジルは記念試合になった。

欧州の他の強豪国では普通のことであるこのことが日本ではいままで実現しなかった。
チームとして選手を型にはめるわけではなく、選手の良さ、普段やっていることを代表に持ち込む。

これが可能となった、日本代表にはだれが入ってもそれなりのプレー可能になるだろう。
あとは、オシムイズムの注入だけだ。
今後の展望は明るいと見ている。
XML
【2006.10.08.Sun. 23:42】 サッカー // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
胡座をかいた時点で
あ‐ぐら【胡=床・胡=坐】
1 (胡坐)両ひざを左右に開き、両足を組んで座ること。こざ。「―を組む」
2 貴族の着座する、床の高い台。あごら。
3 材木を組んで高い所へ上れるようにつくった足場。
・ 「―を結ひあげて」〈竹取〉
4 一種の腰掛けで、脚を交差させて折り畳めるようにしたもの。
・ 「―どもを召したり」〈源・胡蝶〉

低迷が続くソニー。
やっとこさ薄型テレビで挽回してきたものの、
コンピューターのバッテリー発火騒ぎ、
唯一孤高の砦となっているゲーム機の新機種PS3でも発売前に価格修正と迷走を続ける。
そもそもの大きな遅れをとった始まりは、薄型テレビ。
時代が薄型へ向いている中、時代のニーズを読み間違えたのか、ソニーブランドに自信を持っていたのか、大きく遅れをとったのはご存知の通りである。

胡座はとても楽な座り方である。
古くから位の高い人の座位となったこれ。
しかし、周りを見渡すこともできない、立つのに時間がかかる。
危険への対処が遅れる。など欠点もある。

時代の流れは早い、
自らの力を過信しすぎて胡座で座り続けると、置いてきぼりに。
高いくらいの人でも歩き、走り回らなければならないということかもしれませんね。

胡座…ある意味で、平和を象徴する座り方なのかもしれません。
しかし、胡座で楽をしすぎると、胡座は弧座とも書くように、周りに誰もいなくなっているってことに気が付かなくなる可能性もあるので注意したい所。
XML
【2006.10.07.Sat. 00:31】 時事 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
数年振りにハマってしまった‥
金曜日、家で羽を伸ばそうと思っていながら、用あって新宿へ。
帰り道、さくらや(ホビー店 新宿東口)によると、
ポケットモンスターの最新作が。
といっても、ダイヤモンドの方は売り切れだったのですが…。
そういえば、木曜に出たらしい。
ちょっと気になっていたので、パールを手に取ってみる。
何となくやってみたくなった…。
思えば、初めてポケットモンスターというゲームが登場したのが小学校4年生頃。
いわば、ポケットモンスター世代といえるかもしれない。
とはいえ、ここ最近はあれほど熱中したポケモンもアニメ、フィギュア等から卒業。
ゲームにしたって、やってなかったものの、なんとなぁくやってみたくなる。

買ってしまった。
とはいえ、さくらやのポイントが貯まってなかったら買わなかったかもしれない‥。
帰宅後、スイッチを入れるとあの独特のオープニング。
次の瞬間、驚いた。あのディフォルメの2D世界のまんま3Dになっている。
なんという立体感。驚かされました。

土日はほぼポケモンやりまくってしまいました。
やっぱ、面白いわ。
あぁこんなのいたわ!という懐かしいポケモンから、
何これ!?見たこと無い!というものまで。
ゲームとしての完成度が高い作品だなぁと、改めて思ってしまいました。

現在、バッチは5つ。
現在の主力は、クロバット、ドダイトス、ゴルダック、ハガネール
見た目では、ドダイトスという新ポケモンがお気に入り。

ポケットモンスター パール ポケットモンスター パール
Nintendo DS (2006/09/28)
任天堂

この商品の詳細を見る


〔独り言〕
最後の土日をほとんどゲーム三昧で過ごすという、ある意味で贅沢な時間の使い方をしてしまいました。
これから、毎週木曜は試験だったり、実習の数が増えたりで、先輩達は地獄と表現。
何かと頑張ろう、流そうと思いながら一抹の不安を覚える。

〔独り言:その2〕
CMなんかで最近一躍その名前が一気に広がっている画家の「ダリ」。
以外や以外、結構身近な所に彼の作品に触れることが出来る。
それが、棒付きキャンディーの「チュッパチャップス」のロゴ。
芸術の秋ってことで、飴でもなめてみますか。
あっでも、これでは食欲の秋かな(笑)。
XML
【2006.10.02.Mon. 01:31】 ゲーム // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
| BLOG TOP |
カレンダー
09 // 2006.10 // 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
World Time

天気予報




今日のヒトコト






リンク
Amazon検索

Public Relations
プロダクトクラウドウィジェット
このブログの価格
RSSフィード
*お願い*

リンクと トラックバックはフリーです。
当ブログの記事内の写真や文章の無断での転載は禁止でお願いします。
Copyright © 2005 本日ハ晴天ナリ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* and Haru // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。