空を飛ぶことを可能にしたのは、 空を飛ぶ夢である (Sir Karl Raimund Popper)
プロフィール

 晴 

Author: 晴 
Welcome to my page!

~About Author~
性別:男性
誕生日:昭和61年4月8日
血液型:AB型
出身地:東京都

都内某大学で特殊な学問を学ぶ大学生の忙しい中でちょっと自分の中で現実逃避するための秘密基地。

QRコード
本日ハ晴天ナリ'SQRコード
携帯では簡易版表示になります
コメント電光掲示板

甘えてた自分に気がついた夏。進んでた道は間違っていたのかもしれないけど、脇道にそれていた事に気がついて、もと来た道に戻る。そこから、また1歩1歩、前へ前へ。
近況コメント (10/31 up) Finetoday

最近の記事
アイテム



方言や他の言葉に変換できます。面白いので一回試してみて下さい。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
広告スペース


Firefox をダウンロード!!

広告希望受付中
ブログ内容関連自動選出品

サイト内の単語からの自動選出のため、僕自身も何が出てくるかわかりません。
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XML
【--.--.--.--. --:--】 スポンサー広告
PSP版サカつく その4
「J1挑戦1年目編」

さて、サカつく内の5年目。
そこそこ力を付けての昇格に、とりあえずの目標は残留。

結局、リティと複数年契約を結びました。
頼みますぜ!!

サポーターとのカンファレンスでの今年の公約は、
33才以上のチームの精神的支柱となるベテラン選手の獲得。
最初に思い浮かんだのが、三浦カズやゴン中山だったのですが、引退したらしく、どこにもいない。
(そりゃそうか……)
そのため、未所属のFW水城選手(35)を獲得。
まぁ公約用選手という意識だったのですが、想像以上に戦力となってくれました。

色々と契約延長や選手の獲得などで資金を消費。
優勝賞金でも得られたら良いなぁなんて軽い(笑)気持ちで参加したアフリカチャレンジカップ。
初戦、獲得したばかりの水城選手の2得点で突破。
あれよあれよで勝ち進み、決勝。なんと延長、PK戦の末に世界基準のカップ戦で優勝。
J1すらまだ戦ってないクラブがビッククラブの仲間入り?してしまいましたw

そして、期待と不安が混じったJ1開幕。
序盤こそ、5位を基準にウロウロしていたのですが、
夏を過ぎて多くの試合に選手の層の薄さがクラブを直撃。
9~10月には、サポータ代表も「あれは士気が下がる」と言われた5連敗。

結果、12位(10勝12負12分)となりました。

12月‥‥今まで縁のなかった表彰式にて、
我がチームの右サイドバック、大倉直哉が新人王獲得とベストイレブンに選ばれました。
初の表彰選手の誕生でした。

さて、とりあえず順位1桁を目指す6年目。
世界を視野に入れられた選手ということで、
右サイドハーフに名古屋から小川選手を獲得。
どうなる‥‥?


J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! 6 Pride of JJ.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! 6 Pride of J
(2009/11/12)
Sony PSP

商品詳細を見る
スポンサーサイト

XML
【2009.11.29.Sun. 23:57】 ゲーム // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)

(しようそいったいろん)

【時間】
時と間。時間は分かる。然し時は分からない。或時間を観ていても、時は外在す。時は内在しているとは言えない。すなわち《時》は要素である。

【空間】
空と間。空間は分かる。然し空は分からない。或空間を観ていても、空は外在す。空は内在しているとは言えない。すなわち《空》は要素である。

【物質】
質と物。物質は分かる。然し質は分からない。或物質を観ていても、質は外在す。質は内在しているとは言えない。すなわち《質》は要素である。


《時・空・質》是すなわち主(あるじ)を構える三要素である。空は質を有し、質は時を与す。主(あるじ)は唯これを感ずるのみ。《無形有質の真理》


【主観】
可能性(二間一物)と私。時間・空間・物質は観ずることが出来る。然し私は分からない。観ずることが出来ないので、私は内在しているとは言えない。すなわち《主》は《時・空・質》と同列の存在である。(《時・空・質》そして《主》を合わせて四要素。)


『四要素を一体とし、我は無の中に在る。』




※二間一物
(にかんいっぷつ)
⇒時間・空間・物質





『可能性の出来した出来事と私の予測との間には、とび越えることの出来ない何かがある。』

信仰とは可能性(カオス)に屈すること、美しく言えば要求を神に委ねることである。宗教の起源は未来に対する不安が出来したとき、即ち人類が、認識上の世界の拡散した様々な情報を調和的に纏め、自然の現象として依存する習慣を持ち、またこの習慣から予測する『未来』と言う概念を創り出し、その未来を打ち砕く可能性について不安に感じたときである。


『宗教を知る民(もの)は信仰に溺れず、また科学を知る者もこれに溺れる事はない。その彼らの基礎は哲学であり、哲学の背後には観る者のいない真理がある。客観的な真理など、ない。そう言う意味での真理を誰もが面白おかしく踊って探すのである。』



いいないいな にんげんていいな
おいしいおやつに ほかほかごはん~
いいないいな にんげんていいな
みんなでなかよく ポチャ ポチャおふろ
あったかいふとんで眠るんだろな
【12.12】 URL // PHS #- [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://finetoday.blog53.fc2.com/tb.php/664-3a8d9e53
カレンダー
05 // 2017.06 // 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
World Time

天気予報




今日のヒトコト






リンク
Amazon検索

Public Relations
プロダクトクラウドウィジェット
このブログの価格
RSSフィード
*お願い*

リンクと トラックバックはフリーです。
当ブログの記事内の写真や文章の無断での転載は禁止でお願いします。
Copyright © 2005 本日ハ晴天ナリ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* and Haru // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。